株式会社トンマナ|札幌市のWEBマーケティング会社

NEWS

ニュース

2021.6.17

【2021年版】LINE公式アカウントの分析機能について

WRITER:wpmaster

みなさんこんにちは!
ソーシャルプランナーの安田です!

LINE公式アカウントを運用していく中で必ず見ていただきたいのが分析機能です。
今回はLINE公式アカウントの分析機能についてお話ししたいと思います!

LINE公式アカウントの分析機能とは?


LINE公式アカウントの分析機能は、管理画面上の「分析」タブから確認することができます。

分析機能は、メッセージの配信数や開封率、友だちの追加数ブロック数などのデータを見ることができる機能です。

現在(2021年6月)、分析できる項目は10個あります。
※アプリ版の管理画面では、確認できる項目が異なります。
・ダッシュボード
・友だち
・メッセージ通数/メッセージ配信
・ステップ配信
・チャット
・タイムライン
・クーポン
・予約
・ショップカード
・プロフィール
それでは、次に各分析機能を詳しく解説したいと思います!

ダッシュボード


ダッシュボードは、主な統計情報の概要を確認することができる機能です。
右上の「7日間/30日間」を切り変えることで、集計したい期間を選択できます。

友だち


友だちでは、友だちの追加数やターゲットリーチ、ブロック数などを確認することができます。

ターゲットリーチは、友だち数からブロック数を引いたメッセージを配信可能なユーザーの人数です。

属性


参照:LINE公式アカウント

属性では、ターゲットリーチの属性情報(性別・年齢・地域)を確認することができます。

属性情報を表示するには、20人以上のターゲットリーチが必要です。

追加経路


参照:LINE公式アカウント

追加経路では、ユーザーが友だち追加した経路を確認をすることができます。

たとえば3位の「検索」は、LINEアプリのホームやトークタブの上部にある検索欄からユーザーが検索し追加した数です。

アカウントが「認証済アカウント」であれば、ユーザーが検索した際にアカウントが表示されます。

認証済アカウントと未認証アカウントの違いはこちらの記事で解説しています!
【LINEを使ったビジネス活用】LINE公式アカウントについて解説! | 

メッセージ通数/メッセージ配信

メッセージ通数


メッセージ通数は、すでに配信したメッセージ数です。
メッセージを配信した数や自動応答機能で応答した数、あいさつ文が送信された数を確認することができます。

メッセージ配信


メッセージ配信では、すでに配信したメッセージの統計情報を確認することができます。

表示項目設定は、分析したい項目を表示させてカスタムすることができます。

たとえば、メッセージ内にURLを記載した際はクリックユーザーにチェックを入れておきましょう。

ステップ配信


ステップ配信では、ステップ配信の分析結果を確認することができます。

チャット


チャットでは「手動応答」「自動応答」の配信数を確認することができます。

手動応答

手動応答は、ユーザーと直接的にやりとりできる機能です。

手動応答の分析では、アクティブルーム、受信メッセージ、送信メッセージを確認することができます。

アクティブルームとは、チャットのやりとりがあったトークルームの総数です。

自動応答

自動応答は、ユーザーからのメッセージにあらかじめ設定したLINEメッセージを自動で返信する機能です。

自動応答の分析では、自動で返信した「応答メッセージ」の数を確認できます。

タイムライン


参照:LINE公式アカウント
タイムラインでは、投稿の統計情報とフォロワーの人数を確認することができます。

クーポン

クーポンでは、統計情報を確認することができます。

クーポンを選択すると詳細が表示され、クーポンを開封したユーザーの人数や、クーポンを使用したユーザーの人数を確認できます。

予約


予約では、LINE公式アカウントから店舗に予約した数や来店数などを確認することができます。

予約機能を使用する際は、予約サービスと連携する必要があります。

ショップカード

ショップカードは、ショップカードの統計情報です。
カードの発行数やポイント別に使用したユーザー数を確認することができます。

プロフィール


プロフィールでは、プロフィールが表示された回数や表示したユーザー数を確認することができます。

まとめ

今回はLINE公式アカウントの分析機能について解説しました。

「たくさん分析項目があって、どの情報を見ればいいのかわからない!」と思った方もいらっしゃると思います。

LINE公式アカウントを運用する上で、必ず抑えておきたい分析情報は以下の3つです。

1.友だち追加数、ブロック数、ターゲットリーチ数
2.友だちの属性、追加経路
3.メッセージの開封率、クリック率

また、弊社ではLINE公式アカウントの運用代行も行っております!

「運用したいけれど、忙しくて運用でできそうにない…」
「すでに運用しているけれど分析や企画を頼みたい」など、お気軽にお問い合わせください♪

お問い合わせはこちらから!
https://tonmana.co.jp/contact/

RECRUIT

採用情報

CONTACT

お問い合わせ

フォーム入力