株式会社トンマナ|札幌市のWEBマーケティング会社

NEWS

ニュース

2020.9.18

【Facebook運用】Facebookページの作成方法

WRITER:wpmaster

みなさん、こんにちは!

ソーシャルプランナーの安田です。

気づけば夏が終わり秋を迎えましたね。

最近は寒さのせいか、早朝の5時に目が覚めてしまいます。笑

それはさておき、今回はFacebookページの作成方法について解説したいと思います!

Facebookページと個人ページの違いとは?

まず、Facebookには「Facebookページ」と「個人ページ」の2種類があります。

 

Facebookを開設すると、1つのアカウントで「Facebookページ」と「個人ページ」の2種類を作成することが可能です。

 

「個人ページ」は、Facebookをはじめるときに作成するページのことを言います。

「Facebookページ」は、ビジネス向けの機能が豊富でFacebook上にあるHPのようなイメージです。

【Facebookページと個人ページの違い】

Facebookページは、閲覧制限がないため(ページに制限をかけていない場合)Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索した際に、検索結果画面に表示されます。

Facebook ビジネスアカウントの作成方法

Facebookのビジネスアカウントを作成するときは、まず個人アカウントにログインします。

 

ホームにある、「ページ」または「作成」と表記されているボタンを選択すると作成画面に飛びます。

ページを作成

【デスクトップ】

「ページ名」「カテゴリ」「詳細」を設定します。

 

ページ名に「企業名」「法人名」「ブランド名」などわかりやすい名前を設定します。

カテゴリには、提供するサービスや商品など、Facebook上で発信する内容に近いカテゴリを選択します。

 

詳細は、ページの説明です。どのようなページなのか説明を記入しましょう。

 

【モバイル】

デスクトップ版と同様に「カテゴリ」「ページ名」を設定していきます。

 

ページ名を設定した後に、ウェブサイトを追加する画面が出てきますが、スキップすることが可能です。

 

スキップすると次に、「カバー写真」と「プロフィール写真」を追加できます。

 

「カバー写真」と「プロフィール写真」も完了を押すことでスキップすることが可能です。

 

これでページが作成されます。

設定

ページを作成し終わったら、「設定」に行き、ページの設定を行いましょう。

 

ここでは、公開範囲の設定やFacebookページの制限機能などを設定できます。

 

作成したばかりのページは、「公開範囲」が「公開」になっているため、公開できる状態になるまでは「非公開」に設定しておくのがおすすめです。

ーFacebookページの制限機能ー

Facebookの制限機能は6つあります。

◯ニュースフィードのターゲットと投稿のプライバシー設定

・ニュースフィードのターゲット設定

ニュースフィードのターゲット設定では、投稿を表示させる人を絞り込むことができます。

ターゲットは、「興味・関心」「年齢」「性別」「地域」「言語」の項目から絞り込むことができます。

 

たとえば、「札幌住み・20代・男性・カレーが好きな人」にターゲットを絞り込みたい場合。

 

以下のように設定します。

ターゲット設定では、指定した条件に該当する人へ「優先的に」表示させるため、条件に該当しない人にも投稿が表示されることがあります。

 

・プライバシー設定

プライバシー設定では、投稿を表示させる人を制限することができます。

ターゲット設定とは違い、条件に該当しない人には投稿が表示されません。

 

たとえば、「地域限定キャンペーン」をしたいときに、地域を「札幌」だけに制限すれば「地域限定」のキャンペーン企画を打ち出せま発信することができます。

 

◯タグ付けの権限

自分が投稿した写真や動画に他の人がタグ付けすることを許可することができます。

 

◯国別制限

Facebookページを表示させる国を制限することができます。

 

◯年齢制限

「17歳以上・18歳以上・19歳以上・21歳以上・アルコール関連」の中から選択してFacebookページを表示させる人を制限することができます。

 

Facebookは「13歳未満の方はFacebookアカウントを作成できません。」と定められているため、アルコール関連のFacebookページを作成したい場合は「アルコール関連」を選択しましょう。

 

◯ページのモデレーション

投稿やコメントに表示させたくないキーワードを設定することができます。

 

◯不適切な言葉のフィルター

不適切な言葉をブロックすることができます。

言葉のフィルターの基準は以下の通りです。

https://www.facebook.com/help/131671940241729参照

 

まとめ

今回はFacebookページの作成方法と設定についてご紹介しました。

「Facebookはたくさん機能があるし、新しい機能がどんどん増えてイマイチわからない…」と言った方も多いのではないでしょうか?

次回はFacebookページの「ページ情報」についてご紹介したいと思います!

それではまた、お会いしましょう~。

RECRUIT

採用情報

CONTACT

お問い合わせ

フォーム入力